タイトル画像

俺の好きなもん 「オートバイ」「ギター」「サッカー」「宴会」札幌在住です!

2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新回数が・・・!?

2月、3月とこのブログの更新回数が激減した。
2月の末に死去した父親の葬儀、そしてその後に山積していた四十九日までの処理事項。
実家の近くに住んでいる弟にほとんど任せっきりになってしまった。
すっかり甘えてしまったことになる。
それでも7日ごとに行なわせる法要、お参りや打ち合わせなど職場や家からの移動は往復90分ほどになる。

顔.jpg

結婚してから、お互いにあまり話さなくなっていた弟との間にたくさんの会話をする機会があった。
小さい頃はよく喧嘩をしたが、お互いに物心がつく頃には仲の良い兄弟だったと自負している。
それでも、別々の家庭を持つようになってからは二人の間に交わされた会話は少なくなった。
兄弟同士、もっと仲良くしろと死を持って教えてくれているのだろうか?





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。
どうか、クリックを~!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

あひる農園

プリッキーヌ.jpg

今年のあひる農園が始動した。
去年はあまり取れなかったタイのトウガラシ、プリッキーヌをたくさん作ろうと思う。
今月12日に蒔いたプリッキーヌの種。
約2週間たち発芽した。
32個の種を蒔き、発芽したのは現在27。
発芽率約85パーセントは満足いく数字だ。

今年の摘み菜.jpg

12月に蒔いて失敗した摘み菜の種をもう一度やり直した。
双葉が開いてかわいい。
こんどこそ育ってくれると思う。
カミさんも期待しているようだ。





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。
どうか、クリックを~!

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

暑さ寒さも彼岸まで

父の四十九日を前にお墓を見ておこうと言う事になった。
ちょうどお彼岸で、墓地には何組かの人が来ていた。
線香の香りが漂っていた。

うちのお墓がある場所はまだ雪がたくさん積もっていた。
弟と雪を掘ってみた。
「たぶんここら辺だよね」といって雪を掘るとすぐに弟のスコップに墓石が当たった。
もう少し掘ると石に刻まれた名前は別の家のものだった。

そんなことを2、3度繰り返すとうちの墓を見つけた。
4月14日は父の四十九日。
ここに入ってもらうことになる。

お墓





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

似てる名前なのでなにか関係があると思った

セッションの参加するとよく一緒になる「社長」のトランペット。
でも、身近な人でトロンポーンを吹くジャズプレーヤーはいない。
このトランペットとトロンポーンと言う名前がなにか似ているような気がしてきた。
どちらも金管楽器でいわゆる「ラッパ」と呼ばれるもの。
最初の「トラン」と「トロン」が同じ語源に由来するものではないかと思ったのだ。
ボーン(bone)は英語で骨のことなので、もしかしたら前方にスライドが突き出した形を骨に見立てたのではないかとも思ったりした。

ホネ.jpg

インターネットで「トロンポーンの語源」と引いてみた。
いくつかのサイトで取り上げられている語源はみな良く似たようなものでイタリア語でラッパという意味の「tromb」に大きいを意味する「one」を付けたものと言うことが書いてある。
つまりトロンポーンの意味は大きいラッパということになる。

一方トランペットの語源は、はっきり分かっていないらしい。
ギリシャ語で貝を意味する言葉が語源だとか、最初に作られたトランペットの原型(トゥベクタ)という名前が変化したものだとかいろいろな説が書いてある。

トロンボーンとトランペットは語源的にはあまり関係なかったらしい。
骨とも関係なかった・・・。

関係なかった.jpg







fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

伊藤博文

仕事で走行していた札幌市西区の道路。
ビルの看板に○○博文司法書士事務所の文字に目が止まった。
苗字は忘れたが確かに「ひろふみ」と書いてあった。
この、博文という字を見ると「ひろふみ」と読むのが一般的だと思うのだ。

我々世代には、千円札の肖像を思い浮かべる人が多いと思う「伊藤博文」

伊藤博文

大日本国憲法を造るときの中心人物だ。
一般的には「ひろふみ」と読むこの名前の前に「伊藤」という苗字が着くと読みが「ひろぶみ」になる。
インターネットで引いてみても、確かに「いとうひろぶみ」と書いてあるのだ。

ひろぶみ





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

大雪、事故、そして大地震と大津波

父の初七日が済んだ3月3日。
3日から4日にかけて札幌は大雪が降った。

先週の金曜日。
3月11日。
道路を走っていると、わき道から左右を確認しないで飛び出してきた車にぶつけられた。

雪とロナウド.jpg

その日の午後、札幌も地震があった。
最初の揺れは車に乗っていて分からなかったのだが、訪問した得意先で2回目、3回目の地震。
ぐらぐらとする揺れに少し恐怖感を感じた。
でも、その後得意先で見たテレビの映像は信じなられないものだった。

中学のとき見た映画「日本沈没」のワンシーンか?と思うほど。
海の水かさが見る見るうちに増えてきて堤防を乗り越えて車や民家を洗い流してしまう。

ライブロナウド.jpg

土曜日、千葉でも大きな地震があったことを知る。
いとこに電話をしても通じない。
きのう、日曜日やっと連絡が取れた。
金曜日の夜は、家に帰れず職場に泊まり土曜日の夕方ようやく家に着いたそうだ。

食器棚は倒れていなかったそうだが、中の食器はめちゃめちゃ。
本棚が倒れて片付けるのが大変だったと言う。

ロナウド.jpg

きのうは父が息を引き取ってから、あまり弾いてなかったギターを久しぶりにゆっくり弾くことが出来た。
父は2月の25日になくなったのでほぼ半月ぶりだ。
だいぶ弾けなくなったかな?と思ったのだが意外と忘れていない。
弾けるようになるのに苦労した部分のフィンガリングも意外と弾ける。

先生には、今日「今週から練習に行きます」と連絡した。





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

実家で見つけた懐かしいもの

父親の葬儀のため、いつもより長い時間を実家で過ごすことが多かった。
整理だんすのなかにあった段ボール箱を開けてみた。
懐かしい本が見つかった。

ギターコードブック.jpg

これは、オレがギターを憶えたときに使っていたコードブック。
このブログのタイトルのイメージになった本だ。
改めて見てみるとなぜか「ベースノート入り」と書かれている。
お買い得感抜群??

コードフォーメーション.jpg

そして、コードフォーメーション。
高校生だったオレが一生懸命練習した。
よく覚えている部分と、あまり記憶にない部分がある。
憶えていないところは、まだ、練習していない部分か?

ジャズギターインプロビゼイション.jpg

渡辺香津美氏が書いたジャズギターインプロヴィゼイション。
見直してみると、何やら意味不明な書き込みがある。
解読不能な記号と印がたくさん書き込んである。
当時のオレがジャズを覚えようとまじめに書き込んだ記号と文字。
でも、意味不明なのだ!

ミスティ.jpg

前に習ったミスティーの譜面もこの本にある。

ロナウド0001.jpg






fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

運と言うもの。運命と言うもの。

2月25日のこと。
朝食をとっていた朝の6時過ぎ、電話がなった。
父親が倒れて病院に担ぎ込まれたという知らせだ。

その日の前日なのだろうか?
オレの両親は夫婦喧嘩をしていたらしい。
喧嘩のことで両親は一階と二階に別れて寝ていたという。
その日の夜、実家は屋根からの落雪で電話線が切れた。

アップ.jpg

母が何かの予感を感じて二階に寝ていた父を見に行ったのは朝の4時だったそうだ。
半分開いたドアの隙間から倒れた父が見えたそうだ。
部屋の内側に向かって開くドアの向こうに父が倒れていたため中に入ることが出来なかった。

電話線が切れていたため、救急車が呼べない。
あわてた母は最初、向かいのお宅のインターホンを押したそうだ。
朝の4時頃のことなので、呼び鈴に反応はなかった。
今度は隣りのお宅を呼びに行った。
幸いお隣さんはすぐに起きて救急車を呼んでくれた。

最初に運ばれた病院は、大きな総合病院だった。
しかし、その後土日で医師が手薄になるためという理由で脳神経外科に転送される。
何の証拠があるわけではないが、運び込まれた病院が手違いによるものだったのではないかと思ってしまう。
長く部屋で倒れていた父は、低体温症になっていたそうだ。
せめて同じ階で就寝していたならばと悔やまれるが、そんなことを今さら言ってもしかたない。

RONA.jpg

倒れた原因は脳梗塞。
右脳の側頭葉と言う部分にダメージがあるという。

脳神経外科での検査が終わったとき、医師の所見では歩けるまでには回復できないだろうという説明だった。
つまり命を落とすことはないと言う説明だ。
ICUに入ったのでもう何もすることは無かった。
一度家に戻っても良いと言われたので、家に向かった。
昼からは職場に戻れると思っていた。

家に着いたのとほぼ同時に病院からの連絡が入った。
昼の1時前のことだ。
「容態が急変したので、すぐに病院に戻って欲しい」とのこと。
とんぼ返りで病院に戻った。

医師の説明は12時半頃一度心臓が止まったが強心剤と心肺蘇生で息を吹き返したというのだ。
しかし、容態は相当悪く回復は望めないとのこと。
4時間ほどで強心剤が切れるのでその後は本人の生命力が尽きるまでしか生きられないと。

ろなうど

その日の夜、6時55分。
父は息を引き取った。

本当にあっけない最後だった。





fc2ブログランキング参加中!
↑ここから「fc2ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アヒルの歌

Author:アヒルの歌
「ギターがすき!」
「オートバイがすき!」
「愛犬ロナウドがすき!」
「宴会が大好き!」

検索フォーム

訪問者数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

今日の月齢

今日出る月はこんな形

RSSリンクの表示

こんなギターを弾いてます

2010年10月23日にバースデーライブ(50th Anniversary)でギターを弾かせてもらいました。

Satin Doll

アヒルの歌はこんな歌

アヒルの歌

20代のころ書いた歌です

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。