タイトル画像

俺の好きなもん 「オートバイ」「ギター」「サッカー」「宴会」札幌在住です!

2008-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロエ



アロエが大きくなって鉢から飛び出しそうだ!
アロエ1
大きな鉢に植え替えようと思い、さっそくホームセンターへ大きな鉢を買いに行ってきた。
小さくなった鉢は直径が約30cm。深さは約20cmだったのでそれより大きな鉢を探して購入!
直径は大体同じだが、深さが30cmのものがあった。
鉢アロエの土
一緒に土も買ってきた。
「金のなる木 アロエの土」
植え替えた。




アロエ2




そして、今日は年に一度の「あの日」がついに来た!
いい肉の日!!!
いい肉
やったー!
ビフテキ!(こんな言い方、いまどきしないそうなのだが)なのだっ!
ステーキワイン
肉と言えば・・・ワイン。
一緒にワインも飲みました!

本日、以上。







人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

スポンサーサイト

テーマ:ベランダ&室内園芸 - ジャンル:趣味・実用

目覚める前に。


ブログに書きたいことが、次から次へと思いつく。
ロナウドの散歩のときだ。

さんぽ

ロナウドがうちに来てから、出勤前に散歩に行くのが日課だ。
朝、起きてすぐなので脳は半分眠っている。
ほとんど眠った状態かもしれない。

歩いていると少しずつ脳が覚醒してきて、「こんなことをブログに書いてみよう」と思いつく。

でも、完全に覚醒していないのだろう。

家について出勤の準備を始めることには、ほとんど忘れている。

夢

ほんとだ!





人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

ネクタイ嫌い!


仕事柄、毎日ネクタイをしているが、俺はあまり好きではない。
何でこんなものを首からブラブラ下げなくてはならないのだろうと思う。

身だしなみ

ネクタイはもともと2世紀ごろローマ帝国の兵士が、防寒のために首に巻いた布が起源だとされているそうだ。
つまり、暑い夏でもネクタイをするのはお門違いというものだ。
でも、こんなネクタイなら涼しくていいだろう。

だいたい、首からブラブラ下げているので不潔である。
どこに摺れているか分かったものではない。
トイレで小便器に摺れているかもしれないのだ。

ぼろかす

とにかくネクタイが嫌いだ!






人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

ロナウドとアレン・ネス


ロー・アンド・ロング
低くて長い。
ミニチュアダックスフントのロナウド

ness1

アレン・ネス(Arlen Ness)がチューニングしたハーレー・ダヴィッドソンに見えるときがある。

ness2

ロー・アンド・ロング・・・。







人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

ホンダのこと


いつの頃からかホンダが好きになっていた。
本田技研工業。
学生の頃、アルバイトで四日市港から積み出されるシビックを運転したことがある。

本田

機械工学を専攻していたこともあり、ホンダの創業者「本田宗一郎」を書いた本を読んだとき、物事の考え方を学んだような気がした。

製作所

「最初に苦労をすれば、後が楽になる」という考え方。

俺が最初にパソコンを買ったとき、店の人がすぐに使えるようにセッティングしてくれたのに、どうしても最初から覚えたくて、ハードディスクをフォーマットした。
まさに、最初に苦労をしたのだ。

でも、後が楽になったかどうか?

パソコン

合理的に物事を考えること。
ホンダの研究所では、失敗した人も表彰されることがあると言う。
その方向に行くと失敗すると言う指標を示したということになるからだそうで、一度失敗すると、もう、二度とその方向には進まなくなるからだ。

これからも「ホンダ」に乗り続けたいと思う。
二輪も四輪も。

本田宗一郎氏が作った会社で製造された乗り物に。





人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:HONDA - ジャンル:車・バイク

コメントのこと


最近、ごく稀ではあるが「コメント」なるものをいただくことがある。

よく分からないので、コメントをいただいた記事にコメントの返信を書いておくのだが、果たしてこれでいいのだろうか?

これでは、コメントをくれた人が再び同じ記事を読まない限り、返事を見ることは出来ない。
これでいいの?

つめたい




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:不思議 - ジャンル:ブログ

灯篭草


灯篭草01

今月、10日に水に差しておいた灯篭草から根が出てきた。

灯篭草02

もう少し根が長くなったら鉢に植え替えよう。

植え替える






人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:ベランダ&室内園芸 - ジャンル:趣味・実用

しゃべる犬、「ロナウド」?

ロナウドがうちに来たころに良く思ったことがある。
ロナウドと話が出来ればいいのに、と。

うちに来てから、しばらくは何が言いたいか分からなくて、急に吠え出したり、クーン、クーンと悲しげな声を出したりしても何がなんだか分からなかった。

でも、一緒に生活している間に少しずつ、ほんとに少しずつではあるが、なんとなく「遊んでほしいのかな?」とか「誰か来たの?」とか「トイレなの?」など何となく分かるようになって来た。

そして、今年の7月。衝撃的なことが起きた。
ロナウドがしゃべりだしたのだ。




ブログの中だけだけど。

よろしく




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

ピアノの話


ピアノはクラシックだけでなく、ジャズやポピュラー音楽にも使われる。
ジャズピアニストは、華麗なテクニックでコード進行に沿ってさまざまなインプロヴィゼイションを聞かせてくれるが、クラシックのピアニストとどちらが上手なんだろう。

クラシックピアノ

確かに、ピアノは鍵盤で演奏する楽器なので、音に表情をつけるのは難しい。
鍵盤を叩く(押す)ことによって、ハンマーがピアノ線を打って音が出る楽器なので、どんな人が演奏しても均一な音を出すことが出来る代わりに、演奏者の個性を出しにくい楽器なのではないだろうか?

コンサート

ピアニストは演奏する会場に備え付けてあるピアノを演奏するので自分の音色を表現するのは指先のタッチや鍵盤をたたく力加減だけしか許されない。
ギターやヴァイオリンのように自分の楽器を持って行くわけには行かないのだ。

クラシックのピアニストはどんなに複雑に作曲された曲も、正確に譜面どおりに演奏する。
しかし、ジャズピアニストはインプロヴィゼイションを使った即興演奏だ。

楽譜に表現されていない音までを瞬時に頭の中で組み立てて演奏しなければならない。
たとえば、現在、世界最高のピアノトリオと言われている「キース・ジャレット・トリオ」の「キース・ジャレット」は決められたコード進行にしたがって、まるで演奏曲とはまったく別の曲のように弾くことがある。
ジャズピアニストのほうがクラシックのピアニストよりすごいんじゃない?

キーシン

そうだな。
キーシンに代表されるように、クラシックピアニストはどんない難しい曲も譜面どおりに正確に弾きこなしている。
表現力と言う点ではクラシックのほうが上なのかなぁ?



 

人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。





テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

篤姫


毎週、日曜日はNHKのドラマ「篤姫」を見るのが楽しみだ。

篤姫

崩壊して行く徳川幕府の幕藩体制に、薩摩藩から徳川家に嫁いだ篤姫の生涯が重ね合わせて描かれている。

300年近く続いた鎖国時代にアメリカ合衆国海軍の軍艦(黒船)が突然現れたのが1853年のこと。
いわゆる「黒船来航」だ。

1868年の明治維新を経て、新政府の確立まで15年。
そして、日本海海戦でバルチック艦隊を破り、殲滅したのが1905年。
黒船が来航するまで軍艦の存在さえ知らなかった日本人が、たった50年足らずで、当時世界最強と言われたロシアのバルチック艦隊に勝ってしまったのだ!

へえ

おそらく、日本の歴史の中で、この50年の間がもっとも激しく移り変わった時期だろう。
それまでは、刀や槍、そして火縄銃での戦しか知らなかった日本が、たった50年で世界の強国ロシアと戦って、勝ってしまったのだから。

俺は、以前から歴史が好きだったが、幕末はあまり興味がなかった。
好きだったのは戦国時代。

昨今の日本では、時間が進むのが早いだの、進歩についていけないだのと思いがちだ。
しかし、この時代は現代よりもずっと進歩が早かったのかもしれない。





人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

冬が来た!


今朝、札幌市街に雪が積もった。
この冬、本格的な積雪は初めてだ。

1120-1

今日の札幌市北区の最低気温は-6℃。最高気温は-1℃だった。
積雪は5センチほど。

1120-2

この季節になると毎年思い出すことがある。
まだ、20代のころ。
早くスキーが滑りたくて、北海道で最も早くオープンするスキー場の一つ、大雪山系旭岳へ6時間もかけて行ったのに、強風でリフトが動いてなかったこと。

積雪状態は事前にチェックできたのだが、当日の風の状態までは分からなかったのだ。
仕方がないので、駐車場の坂で少しだけ滑ったのを思い出す。

1120-3





人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

聖地への旅


会社の同僚から「マイケル・ブレッカー」のCDを借りた。

plgrimage

マイケル・ブレッカーの訃報を聞いてからもう1年になる。
そして、このアルバム「pilgrimage(聖地への旅)」がブレッカーの遺作だ。

ブレッカーは、このアルバムを録音したあとに白血病で亡くなった。
「聖地への旅」という名をこのアルバムにつけたのは偶然なのだろうか?

pilgrimage
この単語を辞書で引いてみると「巡礼」あるいは「聖地もうで」と、書いてある。

ブレッカーが自らの死を悟っていたのか?
それとも、彼が亡くなったあとに誰かがこの名をつけたのか?
俺はブレッカーが「この作品が最後のアルバムだ」と思っていたと信じたい。
このアルバムは俺でさえ、そう思うほど力作の連続だ。

いずれにしても、現代ジャズにおいて世界最高のテナーサックスプレーヤーは、最後まで非凡だったと言うことか・・・。

1212






人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

ロナウド ろなうど Ronald


ミニチュアダックスの子犬がうちに来て6年が過ぎた。
生まれてから3ヶ月弱でうちに来たのだ。

ロナウド0

誕生日は2002年8月26日。
この年、サッカーワールドカップ日韓大会があった。

決勝戦ではドイツ代表とブラジル代表が死闘を演じた。
当時、おそらく世界最高のフォワード、ブラジル代表の「ロナウド」と世界最高のゴールキーパー、ドイツ代表の「オリバー・カーン」の真剣勝負が世界中のサッカーファンの目を釘付けにしたことは鮮明に記憶に残っている。

試合の結果は2-0のスコアでドイツを下したブラジル代表が、ロナウドの得点王のオマケつきで優勝した。
日本を出国するときに「オサムライッ」とおどけたロナウドが日本全国のテレビに映し出されたことを今でも覚えている。

ロナウド1

うちに来た子犬の顔があまりにも”とぼけた”顔つきだったのでイメージが「ロナウド」と重なった。

この子犬を「ロナウド」と名づけた。
うちの家族、そして俺の友達だ!

ろなうど2




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

出世魚・・・?


成長とともに名前が変わっていく魚を「出世魚」というのは、誰でも知っているだろう。
でも、名前が変わっていくのは魚だけではない。

出勤前にロナウドの散歩に行く。
これはロナウドがうちに来た時から、ずっと習慣になっている。

札幌も11月に入り、朝晩はすっかり冷え込むようになってきたので、ロナウドの散歩のときは防寒用の服を使っている。
ナイロン系の化学繊維で出来ていて撥水性もある生地に、裏地のついたものだ。
散歩の服

この服は、以前は「アノラック」とか「ヤッケ」と呼んでいたような気がするが、最近はあまり聞かなくなった。
別の呼び方があるのだろう。

ウインド
えっ!そうなの?

「魚」に限らず、どんどん名前は変わっていくものがある。

「ズボン」は「パンツ」に・・・。
いまだに「パンツ」と言われて肌着しか思い浮かばない。

「トレーニングウエア」は「ジャージ」に。

音楽では「チョッパーベース」と呼ばれていた奏法。実は「スラップベース」と言うそうだ・・・。




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。






テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

ほん


凝ったブログを見ると「これはどうやって作ってるの?」と、思うものに良く出会う。
写真のレイアウトがきれいだったり、写真がアニメーションのように動くものまで・・・。

どうやら「HTML」の編集方法が分かれば出来るのではないか?と、思って本を買ってきた。

本この本と「テンプレートの設定」で表示されるHTMLを比較しながら、見直して見る。
今まで記号の連続としか見えなかった文字の一つ一つの意味が少しずつ分かってくる。

文書の基本的な作り方から、イメージの挿入など今まで分からなかったことが「なんとなく分かった?」ような気がする。

一番楽しかったのは「色」を指定する記号が分かったこと。

さっそく、テンプレートの色を変えてみた。

読書
ロナウドも勉強中!
この本で画像とテキストの並びなど、今まで知らなかったことも少しだけ分かった。

でも、この本だけでは不十分。
テンプレートのレイアウトなどは、スタイルシートの書式が理解できないといじれないらしい・・・。
なになに
ロナウド?よく勉強して教えてね!




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

カミソリの刃と味の素


カミソリの刃は二枚刃が一般的になった。
確かに一枚刃より、よく切れる・・・と、思っていたら、今や三枚刃、四枚刃まで、あるという。

「ここまで必要なの?」と、言いたくなるのだが、このことで一つ思い出したことがある。

「味の素」が一般的になってきて売り上げが伸び悩んだとき、ビンの上の穴を大きくして出る量を増やすようにしたという、有名な話だ。
ビンから出る量が増えて、消費が伸びると言うことだ。

考えてる?

カミソリの刃の売り上げが伸び悩んだので、たくさん売るために三枚刃、四枚刃のかみそりを作ったのではないか?と、思うのは俺だけだろうか?

こういうことを考え始めると、思い当たることがたくさんある。

たとえば、歯みがきのCM。
CMの映像では、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉をつけているが、そんなにつける必要はない。

たとえば、お風呂の洗剤のCM。
CMの映像では、バスタブ一面が泡で見えなくなるくらい洗剤をつけているが、そんなにつける必要はない。スポンジに少しつけるだけできれいになるのだ。

たくさん使う

たとえば、シェービングフォームのCM。
顔中、泡だらけの映像が流れるが、床屋さんでも、そんなに泡はつけない。

頑張る

売り上げを伸ばすため、みんな頑張ってるんだ!





人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


テーマ:独り言 - ジャンル:その他

光と影?


rona1
身近な鳥といえば、スズメとカラスだ。
チュンチュンという鳴き声でかわいい印象だが、この鳥は日本では、つい最近まで嫌われ者だった。
日本の経済は、つい最近まで「米」中心だった。

今の税金に当たる「年貢」。
給料に当たる「禄高」。
いずれも米によるものだった。

rona

この「米」が田に実るころ、稲穂をついばんでしまうスズメが嫌われ者になるのは当然のことだったのだろう。

反対にカラスはというと、今ではごみを散らかす嫌われ者だが、本来、日本では神様の遣いとして尊ばれていた。
サッカー日本代表のユニフォームの胸にあしらわれている「八咫烏(やたがらす)」だ。
「タカミムスビ」という神様が、神武天皇の元に遣わせて道案内をしたと伝えられている三本足のカラスだ。

今の嫌われ者が、昔は神の遣い。
昔の嫌われ者は、今は可愛がられている。

今は持てはやされても、将来の保障はないということ・・・かなぁ。

禍福
おっ!難しい言葉知ってるナ。でも、こういうときに使う言葉?






人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

我が家の糠床


我が家の糠床のコンディションが、最高潮だ。

糠漬け

夏場、気温が上がると発酵が進みすぎてすっぱくなりすぎたり、発行を抑えるため塩を入れすぎて塩辛くなりすぎたりしてコンディションは安定しない。

コンディションを崩したまま、秋になると急に気温が低下して発酵が進まなくなり、においがきつくなったりして糠床をダメにしてしまうのは決まってこの季節だ。

しかし去年の秋口、偶然水分が多くなってしまったのだが、これが糠床に良かったようで気温が下がってきてもコンディションを崩さなかったのだ。

今年も、気温が下がってくると同時に水分を多くして床をゆるく保った。

その結果・・・。

なす

我が家の糠床のコンディションは、最高潮だ!





人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

「禁じられた遊び」


俺がギターを始めたころ、初めて練習する曲は、だいたいみんな決まっていた。
クラシックギターを始めたやつは、「禁じられた遊び」
フォークギターを始めたやつは、「22歳の別れ」
そして、エレキギターを始めたやつは、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」だ。

1

俺も、全部の曲を弾けるようになった。
でも、自己流で覚えたので「禁じられた遊び」をスリーフィンガーで弾いて、クラシックギターを習っているやつに笑われたりした。
ちゃんとやってるやつらから見れば、どこかおかしかったのだろう。
でも、自分の中では、みんなより上手に弾いているつもりだった。

学園祭になると、バンドを組んでいるやつら(自分も含め)はみんな体育館でライブをやった。
柔道部が使っていた畳を、何枚も積み上げて適当な高さにし、ステージを作った。

2

そんなことを思い出し、「禁じられた遊び」を弾いてみた。
今も、スリーフィンガーで・・・。



人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

まんどりんのはなし


タンジェリンオレンジは、モロッコのタンジール地方で採れるオレンジのことらしい。
「タンジールのもの」という意味が「タンジェリン」という言葉なのだろう。

タンジェリンオレンジをインターネットで調べてみると、マンダリンというオレンジもあるらしい。
もともと、タンジェリンとマンダリンは同じ種類のものだが色合いの薄いものが「マンダリン」、色合いの濃いものを「タンジェリン」と言うらしい。

大好き

「タンジェリン」の語源がタンジールという知名なのだから、「マンダリン」も知名なのだろうと思った。
さらに「マンダリン」と「マンドリン(楽器)」も発音が似ていると思った。

マンドリン

確かに「マンダリン」の語源となる地方は「マンダール」と言う地方だったのだ。

「マンダール」はインドネシアにある地名。
ここから、このオレンジはインド洋沿岸から地中海沿いに渡っていった。
モロッコのタンジール地方まで渡って、そこで取れるオレンジがもとの「マンダリン」より色が濃いもの
だったのだろう。

でも、「マンドリン(楽器)」の語源は「マンドール」という知名なのかどうかは調べ切れなかった。




人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

今日、インフルエンザの予防接種を受けてきた。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:

うちの灯篭草。


毎年、秋になると花をつける「灯篭草」が今年は咲かない。

灯篭草0

先の方を切って、水につけておく。

灯篭草1

根が出てきて、新しい株を作れる。

灯篭草2


来年には、また花をつけて楽しませてくれるだろう。
ね、ロナウド。

呼んだ?




人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:我が家の花々 - ジャンル:趣味・実用

車庫をかたずけた



車庫の中をかたずけた。
キャンプ道具や焼肉コンロなどが乱雑に詰め込まれていた車庫。
思いついたら、いつでもキャンプ場へ行けるように車庫の中一面に広げられていた遊び道具たち。
札幌の平地でも11月4日に初雪が観測され、もう夏の遊び道具は必要ないだろう。

滝ノ上


5月の連休に行った滝ノ上の芝桜。

キャンプ
7月に行った、月形でのキャンプ。

キャンプサイトの図
8月のお盆休みに行った、ふうれん望湖台自然公園

まきばキャンプサイト
9月の連休に行った道東旅行。


キャンプセットや焼肉セットは、車庫の奥へ。
雪かきセットは、いつでも使えるところへ。
夏の思い出と一緒に車庫の整理が終わり、これから北海道は長い冬を迎える。





人気ブログランキング参加中! 

 

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

耳コピーのはなし

0001


曲をコピーするとき、カセットテープをよく使った。
レコードをテープに録音して、何度も巻き戻して繰り返し聞く。
ひとつのフレーズを覚えたら、ギターで確認しながら譜面に書いて忘れないようにする。

そんなことをしているうちに、ふと気が付くと、それまで弾けなかったような難しいフレーズも弾けるようになっていた。



今では、携帯音楽プレーヤーを使っている。
やることは昔と同じ。
何度も聞きなおして、ギターで確認して、譜面に書く。

昔と違うところは、再生スピードを変えることが出来ることだ。
いままで聞き取ることが出来なかった早いフレーズでも、聞き取ることが出来る。

でも、カセットテープもなかった時代、耳でコピーするのは至難の技だっただろう。

0002



以前にNHK FM の番組「ジャズ・トゥナイト」にピアニストの故・八木正生さんの奥さんが出演されたことがあった。
八木さんがセロニアス・モンクのレコードをコピーされたときの話。
まだテープのない時代のこと。
「LPレコードのコピーしようとしていた曲の部分だけが、真っ白になっていたのを思い出す」と、話されていた。

テープと違い短い部分だけ何度も聞き返すのは大変だったに違いない。





人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

かわいそうなカンチガイ!


俺は、プロのソングライターにならなくて良かったと思った。
10代後半から曲を書き始めたが、いつもマイペースだった。
出来るときは、1日に何曲も書けるのだが、書けなくなると何ヶ月も出来ない。

いい曲が出来た!と思ってしばらく時間がたつと、以前に何度も聞いた「大好きだった曲」にどこか似ていたり・・・。

盗作

プロともなると、こういうことは絶対に許されないだろう。
ある程度のクオリティを持った曲を、コンスタントに作り続けなければならない。
俺のような凡人が、そんなふうに曲を書いていると、浮かんでくるアイデアとメロディはあっという間に枯渇してしまう。

プロのアーティストと呼ばれる人の中にも、そういう人が少なくないような気がする。
一時期、世間にもてはやされても、ヒット曲を書き続けなければ、すぐに飽きられてしまう。
世の中でチヤホヤされれば、自分の才能がいつか枯れてしまうなどと思わなくなるのは仕方がない。
同じような曲をたくさん書いていれば飽きられてしまうなどとは思わないだろう。

普通の人にしてみれば、使いきれない額のお金を使いすぎて詐欺で逮捕された一人のかわいそうなアーティストのニュースがテレビから流れている。

小室
えっ!





人気ブログランキング参加中!


↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


今日、アクティのタイヤをスタッドレスに取り替えた。

テーマ:小室ファミリー - ジャンル:音楽

オバマ大統領・・・とは直接関係ないけれど・・・。


オバマ氏が、黒人初のアメリカ合衆国大統領に当選したニュースを新聞で見た。
地図上に、全米の州での勝敗が色分けで書かれていた。
たくさんの州がある。

オハイオ州やケンタッキー州など聞き慣れた名前が並んでいる。
アラスカ州やハワイ州など本土から離れた州も聞いたことがある名前だ。

一つ一つの州の名前を追っていくと「デラウェア」という名前に目がとまった。
これってブドウの名前?
デラウェア州という州の名は、あまり聞いたことがなかった。

二番目

デラウェア州で品種改良されたブドウが「デラウェア」というブドウなのだろうか?

調べてみるとどうも違うらしい。

インターネット上にすぐに二つの記事を探すことが出来たが、どちらの記事でもデラウェア州に関係あるとは書いてなかった。
「オハイオ州デラウェア」という場所の品種だったらしい。

以上!




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

は・る・か・と・お・く・に



今から10年以上前、アマチュア無線に凝っていたことがある。
始めは、オートバイに乗っているときに仲間とコミュニケーションを取るために免許を取った。
そのうち、趣味が高じて無線電信の資格も取った。

資格が下りると、恐る恐る「CQ,CQ」と始めた。
最初は日本国内の同じ趣味の人が応答してくれる。

cq

言葉のやり取りだと、言わなくていいことまで言って相手を不愉快にさせたり、聞かれたくないことまで突っ込まれたりすることがあるが、電信では、そんなことはない。
モールス信号のやり取りなので、突っ込んだコミュニケーションは出来ないのだ。
それが煩わしくなく好きだった。

そんなことを思いながら、少しずつ楽しみが分かってきたとき、今でも忘れられない衝撃的な出来事があった。

がーん

アマチュア無線では「コールサイン」と呼ばれる ID を使ってやり取りをする。
これは、国ごとに割り当てられた符号が使われる。
つまりコールサインでどこの国の人に呼ばれたかが分かるのだ。

その日も「CQ、CQ」と始めると、明らかに日本ではない国のコールサインで応答があった。
どこの国か分からなかったが、通信を終わってコールサインを調べてみると、なんと、ドイツの人だったのだ。

今でこそ、インターネットで間単に世界中のどこにいる人とでも確実にコミュニケーションが出来るようになった。
でも、アマチュア無線で海外と交信したころが懐かしいと思えるのは少しだけ年を取ったからだろうか?

年やに




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:自己満足なんだっ!! - ジャンル:ブログ

オートバイと焼肉!


20代のころ、オートバイの限定解除に挑戦しようと思ったのは、チョップさんが合格したからだ。
今は、教習所で大型自動二輪の免許が取れるようになったが、当時の自動二輪の限定解除は「世界一難しい国家試験」とか「大型自動二輪に乗らせないための試験」と陰口をたたかれるくらい合格することは難しかった。
実際、俺が合格したときも50人の受験者の中でたった2人が受かっただけだった。

焼肉0

オートバイが好きになったころ、よく読んでいた雑誌が何冊かあった。
そのなかに、今も忘れられない言葉がある。

「人が乗っていなければ、自ら立っていることさえ出来ない乗り物」
人による操作の範囲がこの乗り物には非常に大きな部分を占めるということだ。
この乗り物に乗ることで「操る」喜びと、自由を感じる。
だから、この乗り物でどこまでも旅をしたいと感じるのは自然のことだった。

焼肉1

大きなオートバイに乗ることは、精神的にステータスを感じた。
4輪なら普通免許さえあれば、どんなに高級なスポーツカーでも乗れるのだが、オートバイでは難しい試験に合格したものだけが公道の走行を許される。
ある程度以上の運転技量を習得したものでなければ公道で運転することができないのだ。

焼肉2焼肉

そして、大型自動二輪の動力性能は、道路を走っているどんな乗り物より上回っている。
一般走行では不必要な加速性能と最高速度。

俺は、今でもこの乗り物を完全に乗りこなしているとは思わない。
焼肉3




人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

みなさん、ありがとう!


最近、ブログに訪問してくれた方が残して行く足跡を見るのが楽しみだ。

「みなもとん牧場」のみなもとんさん。いつもありがとうございます。
「都筑の風@横浜」の都筑の風@横浜さん。池にあったのは「カバ」ではなく「サイ」に見えます。
「N郎♪音汰」のN郎さん。音楽活動、がんばってください。

ここに紹介しなかった、たくさんの方の訪問。ありがとうございます。

ありがとう



人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。




テーマ:自己満足なんだっ!! - ジャンル:ブログ

苦手と得意


苦手なことと、得意なこと。
苦手なことを克服するにはどうすればいいのだろう?
りりー
諏訪東京理科大学で脳科学の教授篠原菊紀教授が、以前ラジオで言っていたことがある。

たとえば、テニスをする人が「フォアハンド」が得意で「バックハンド」は苦手と、いう人がいるとする。
普通に考えれば苦手なバックハンドを練習すればいいと思うのだが、篠原教授は別なことを言っていた。

「得意なフォアハンドをもっと練習すれば、自然にバックハンドも上手になってくる」というのだ。
フォアハンドを練習してバックハンドでなければ対応できないようなボールもフォアで打ち返していればバックもうまくなってくるらしい。

得意なことをどんどん練習していれば、苦手なことも出来るようになるということか・・・。
ふせ



ふーちぼーる     

人気ブログランキング参加中!

↑ここから「人気ブログランキング」にアクセスすると
「コードブックと風の音」にポイントが入ります。


今日、フィットのタイヤをスタッドレスに取り替えた。

テーマ:スポーツ全般 - ジャンル:スポーツ

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

アヒルの歌

Author:アヒルの歌
「ギターがすき!」
「オートバイがすき!」
「愛犬ロナウドがすき!」
「宴会が大好き!」

検索フォーム

訪問者数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

今日の月齢

今日出る月はこんな形

RSSリンクの表示

こんなギターを弾いてます

2010年10月23日にバースデーライブ(50th Anniversary)でギターを弾かせてもらいました。

Satin Doll

アヒルの歌はこんな歌

アヒルの歌

20代のころ書いた歌です

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。